2015/07/05

旧・帝國陸軍熊谷飛行学校桶川分教場

とある切っ掛けから…

埼玉県桶川市にある、標記のところに

Dsc04347ss

行ってきました。

目的は…

我々が勝手に「無線機のお医者さん」と呼んでいる、瀬戸山定さん

Dsc04360css
無線機とをチェックしたり…

Dsc04358css_3
回路図を読むときは…
普通にお話しているときとは、全く「目付き」がちがう。

にお目にかかり、お知恵をお借りする*ためです。

*詳細は、そちらの目途が付いてから

 瀬戸山さんは、陸軍の航空学校(後の少年飛行学校(少飛))の14期生。

 パイロットになりたくで志願したものの、適性検査の結果無線担当に選別され、それでも、無線通信士として飛行機に搭乗したり外地に行けると思っていたら(そのつもりで日本刀も調達した由。下の写真右から2枚目)(優秀すぎたらしくて、)半年の繰上げ卒業にあたって学校に助教として残され、その後、市谷の陸軍本部詰めの受信係となり(これ自体、物凄い能力だったことを示しています)、昭和20年5月の山の手空襲で周囲が焼け野原になったので、大阪の八尾に転属し、その後ほどなく終戦を迎えた、という、(当時は、「ヒコーキ乗りとして敵機と命のやりとり」をする気で少飛に入ったご本人としては、イライラがつのっただろうことはよくわかりますけど)あくまで「後から考えれば」ではありますが、幸運*と才能に恵まれた方だったようです。

Dsc04363css
右端は飛行服姿ですが、在学中の体験飛行のときのものとか

*【追記】
突然思い出したことがあったのですが、改めて稿を起こすほどの話とも思えませんので…
今後随時、ここに補足することにしました
  5年ほど前に鬼籍に入った父は、あまり戦時中の話はしなかったのですが(内地にはいたものの、
  それだけに
、昭和20年、3月の東京空襲とか8月の廣島とかの悲惨な状態を視察したり、もう前年
  からこの国に物量上も戦争を続ける能力がないことがわかる部署にいたせいだと思います)、酔っ
  て興が乗ったときに
  「軍隊というのは
(「しんにょう」が付く)『運隊』」
  といっておりました
(詳しく聞いてみると、「ほぼ間違いなく」その通りでした)。
  この瀬戸山さんも、おそらくその一人で、
  そもそもの「選択」として、航空学校
を志願せずに、いわゆる「1銭5厘」で徴兵されれば、ただの「一兵卒」。
  その才能を見出されることもなく、どこでどうなっていたかわかりません。
  その後も「ちょっと違っていたら」の話は沢山あるようです。

ここには…

週末になると、解説のためのボランティアの方々が何人も詰めていて

Dsc04383ss
ボランティアさんの控室は、兵舎東端の下士官室跡

瀬戸山さんもそのお一人なのですが、「小学校に上がるころに、この学校ができた」という地元の方とか、

Dsc04385ss
右端

ご高齢のため引退されてしまったそうですが、特攻機の整備士だった方
http://blog.livedoor.jp/rail777/archives/51923073.html 参照)
とか多士済々です。

ここの建物は…

Dsc04381tc

Dsc04373ss
荒川左岸の、(たぶん)自然堤防の台地上に建っている

今後桶川市によって保存修理することが決まっていて、現在そのための地盤や建物の一部の解体しての調査が始まっているとのことですが、屋根や壁の部材を含め、ほとんどが昭和12年に建ったときのままとのこと。

Dsc04389ss
調査のために外壁をとりはずしたと思われる場所にあった筋かい
「K筋かい」と呼ばれるタイプだが、筋かいの木材を横長方向に使っていることとあいまって
本当はこれでは「もともと、まともには利かない」
しかも、おそらく戦後住宅として使うときに、切ってしまっているようですので、もはや筋かい
とはいえませんけど

 個人的は、保存修理の際には部材は可能な限り再利用するのが原則とはいえ、あまりに小綺麗に修理された状態よりも、やれていても「本当のオリジナル」の状態の方が個人的には好きなので、今回は、ちょうどよい頃合のときに見ることができたことになります。

Dsc04380ss
兵舎入り口

Dsc04351ss
兵舎北側の三和土(タタキ)の廊下(東方向から)

Dsc04379ss
同上(西方向から)

Dsc04368ss
廊下上部の小屋(屋根)の架構

Dsc04375ss
北西からみた兵舎全景

Dsc04382ss
敷地南東寄りの車庫棟
看板の左奥に、かつて食堂・浴室棟があった

Dsc04392ss
敷地内に3箇所あった防火水槽のうち残存する1つ
「現役」のようで、フェンスの下部に消防用ホースを通す穴が設けられている

【追記】

読売新聞の平成27年8月10日付け夕刊5面の全面を使って
ズームアップ「特攻訓練 思いを継ぐ」
と題して、ここ、熊谷飛行学校桶川分教場が特集されていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)