「遠野物語」挿絵

■柳田國男の…

打ち立てた民俗学の、嚆矢の一つである(「一つ」というのは、取材時期については、佐々木境石(喜善)からの聞き取り〔M41/11/04~〕よりも、宮崎県椎葉村での「後狩詞記」〔M42/03/11刊〕のそれ〔M41/08〕が先行しているし、また、M42/05には「石神問答」も出版されているためである)

遠野物語〔M42/06/14〕

は、国会国会図書館のデジタル・ライブラリ

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/767944

で読むことができる。

■この初版本は

発行部数350部で

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/767944/1

柳田自らが発行者

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/767944/66

のいわゆる私家版に類するものである。

■この…

オリジナル版は「お宝本」なので、入手できる道理がなく、手許にあるのは

郷土研究社発行〔S10初版/S12再販〕の市販版

なのだが、この版のありがたいところは、柳田に遠野の民潭を語った佐々木境石〔喜善〕直筆の

遠野郷略圖

が口絵に掲載されているところにある。

■もっとも…

これを見たからと言っても、たとえばデンデラ野の場所がわかる、といった新しい知見を与えてくれるわけでもなさそうではあるが、ネット上を探しても、他に掲載されていないようなので、参考のためにご紹介することにした。

 

Photo_20200921013201 

 

 

 

 

 

 

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)