« コッフェル、先割れスプーン、グリップ、ついでにシエラカップ | トップページ | 井戸の手動ポンプと測量用三脚 »

2021/05/29

クワを播く

■広島の…

家内のお友達から、庭で生ったという クワ の実が大量に届いた。

要するに葉っぱを「お蚕さん」の餌にする木の実で、ちょっと渋甘の実は久しぶり、しかも、こんな大量なのは初めてなので、おいしく頂戴しているのだが、それだけでは勿体ない気がしてきた。

■実は…

我が家の庭には、実生からそだった、クワの仲間の ヒメコウゾ の木

Dsc04198s
中央の明るい緑色の葉がそれ

があって、そちらも、すでに小さな丸い実を付けている。

Dsc04200s
こちらの実は、稔るとヤマブキ色で、今回のクワより小粒だが甘みが強い

【参照】この木が、ヒメコウゾと同定できるまでの、経過は

「ヤマグワ」の素性調査: 平成作庭記+α (cocolog-nifty.com)

「ヤマグワ」の素性調査【現地調査篇】: 平成作庭記+α (cocolog-nifty.com)

■そこで…

このクワも、それほど巨木になるとは思えないので、庭で育ててみたくなった。

 もっとも、この種の液果は、鳥が餌として食べ、周囲の果肉を消化し、糞として排泄した種子(いわば、本当のタネ)の方が、発芽率が高いといわれている。

 小鳥でも飼っているのなら、食べてもらってから、回収した糞を播くのが理想的なのだが、あいにく、我が家にはいない。

■そのため…

多少なりとも、鳥の糞に条件を近づける算段を考えてみた。

 鳥の体内で消化されることを考えてみると、

・その胃液などの体液

・その体温

の影響が考えられる(他に、体内の特殊な酵素なども考えられるが、わかったところで、どうしようもない)

●体液は

 トリもヒトと同じ脊椎動物なので、酸性液なのだろうが、成分不明だし、判明しても素材の調達が難しい

●体温は

 ヒトと較べて大差はない*ように思えるのだが、むしろ問題は加熱時間。つまり、食餌から排泄までの時間なのだが、こちらはなかなか見当が付かない。
 ただ、我が家周辺を飛び回っているヒヨドリは、早朝庭木に来て虫らしきものを食べる一方、昼過ぎ位に洗濯物にバクダンを落とすことが多い。
 また、そのバクダンことトリの排泄物は大小兼用なので、体内で不要になった水は、飛ぶときの無駄な荷重にしかならないので、長時間蓄えているとも思えない。
 ということから、大体6時間位ではないかと考えた。

*小型の生物だし、飛ぶためには体脂肪を増やせないので、環境変化に対応するために、心持ちヒトより高い気もする。とはいえ、後述の「人肌燗」の温度から大きく外れるとも思えない。

【追記】

ニワトリの例 であるが、最小3時間弱、最大7時間強であることがわかった。
また、胃液も酸性とのこと。
上の推定がそう的はずれでなかったことになる。
果肉は比較的消化がよいので、3時間半でよさそうである。

■あまり…

ムキになっても仕方ない話でもあるので、なるべく熟れた黒色に近い実を何房か選んでビニール袋に入れ

Dsc04193s

あまりに古く、近々捨てるつもりだった、ホカロン

Dsc04195s

を持ち出してきて、

Dsc04197s

ビニール袋を載せた。

 あまり高温になって「煮えて」しまっても困るのだが(一応、念のため耐熱温度100度というトレーに載せている)、1時間ほど経過して、いわゆる「人肌燗」程度のほんのりとした加熱状態にとどまっている。

■一応…

目安にしている64時間ほど経過する、今日の夕方、準備済みのプランタに播く予定。

【追記】

17時になって、加熱も5時間を越したので、用意しておいたプランタに実を移し

Dsc04203s

房をできるだけ切って分解するように、土中に混ぜ込んだ。

 土の量がやや不足しているようにも思えるので、近日中に補充することにした。

 プランタの土も、一応培養土だし、1日2回自動潅水される場所なので、あとは発芽とその後の生育を見守るほかない。

|

« コッフェル、先割れスプーン、グリップ、ついでにシエラカップ | トップページ | 井戸の手動ポンプと測量用三脚 »

Gardening」カテゴリの記事

Foods」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コッフェル、先割れスプーン、グリップ、ついでにシエラカップ | トップページ | 井戸の手動ポンプと測量用三脚 »