« 庭の潅水装置のメンテナンス その1:リペアパーツの入手 | トップページ | 庭の潅水装置のメンテナンス その2:幹線の復旧 »

2020/11/17

1964年東京オリンピックの「記念物」

■たまたま…

とある場所の写真を探して、デジカメ写真のライブラリを探していたら、2011年4月16日に撮影した、いわば「1964TOKYO」の記念物の写真が出てきた。

10年近く前に撮影したので、さすがにもう残っていないのではないかと思うが、確か「都06」系統のバスの「広尾病院前」(新橋方面)のバス停で、あまりの懐かしさのために窓から撮った「ゴミ箱」の写真である。

Dsc03925_s

この「ゴミ箱」、下側の、黒い金属製の支柱と、その上のかなり破損はしているが曲線を使った逆円錐台状のフレームがオリジナル。フレーム上のプラ桶は形も色もオリジナルではなくて、当初は、確か、フレームにきちんとはまり込む、「いわゆるポリバケツ色」だったか、くすんだ黄緑色だったかのポリエチレンのバケツがセットされていた。

1964年の先の東京オリンピックを前に、街中ゴミだらけの東京を、世界に恥ずかしくない街にしよう、というわけで、その2年ほど前だったからか、それこそ東京中にこの「チューリップライン」と名づけられたゴミ箱が立てられたのである。

■たしかに…

この「チューリップライン」の効果かどうかは別にして、あのオリンピックを境に、東京の街が一気にきれいになったことは確かで、その後1980年ころに香港や、1990年ころにブータンの首都ティンプーに行ったとき、ゴミだらけの道路を見て、かえって妙な懐かしさを感じたほどである(逆にいえば、こちらは1960年ころまでの東京の街を知っているわけなので、とてもとても、これらの街を嗤うことなどできなかった道理だし、かえって「これこそ都市なんだよね」という感慨しかなかった)。

■なお…

「ゴミ箱」の写真だけでは、あまりに「愛想無し」なので、我が家にのこる、もう1組の「1964TOKYO」の記念物の、10月24日の閉会式*の入場券とそのカバーの画像も載せておくことにする。

1964s_20201117222403

1964s_20201117222401

 

1964s_20201117222402

1964s

*閉会式の入場券といっても、その前の「オリンピック最終日の華」。あの、バロン・ニシとウラヌス號の、ロスアンゼルス・オリンピックでの活躍で有名な大賞典障害飛越馬術競技も観戦することができた(カバー裏「4」)。
 もっとも、正面スタンドかバックスタンドならばともかく、人馬一体の迫力を感じるにやや遠すぎたが。

|

« 庭の潅水装置のメンテナンス その1:リペアパーツの入手 | トップページ | 庭の潅水装置のメンテナンス その2:幹線の復旧 »

Local history」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 庭の潅水装置のメンテナンス その1:リペアパーツの入手 | トップページ | 庭の潅水装置のメンテナンス その2:幹線の復旧 »