« ノース・フェイスの「レイン・パーカー」と、バブアの「レイン・キャップ」 | トップページ | 【ちょっと域外】ご近所の「お狗さま」探訪 »

2020/10/30

プチSRシステム2 一応「完成」……はしたけれど。

■MIX-41C…

というコンパクトなラインレベルのミクサを偶然入手したことによって、一気に進展した「プチSR計画」。

http://baumdorf.cocolog-nifty.com/gardengarden/2019/11/post-334dca.html

http://baumdorf.cocolog-nifty.com/gardengarden/2019/11/post-b6d617.html

■残った…

課題は、

  1. モノララルマイクのモノラル・ジャック×2をAT-MA2のステレオ・プラグに変換するケーブル
  2. AT-MA2の出力のRCAピンジャック×2 と MIX‐410C のやパソコンォーン・プラグ×2を接続するケーブル
  3. 手持ちのデジタルレコーダ、TASCAM DR100MkII やパソコンの音声出力用ミニステレオプラグとMIX‐410C のフォーンプラグ×2を接続するケーブル
  4. MIX‐410C のフォーンプラグと アクティブスピーカー Audio Technica のミニステレオプラグを接続するケーブル
  5. AT-MA2 と MIX‐41C にDC9Vを供給する、乾電池ボックス
  6. 乾電池ボックスから2分岐は3分岐で電源を供給するケーブル

いうことになった。

■これを…

アマゾンなどで、全部一気に調達すれば簡単なのかもしれないが、この種のケーブルやコネクタあるいはプラグ用のアダプタ類については、もろもろの経緯から、結構、手持ちがある。

若いうちなら、これらは「この先使うための、貴重なストック品」なのだが、齢(よわい)を重ねた今となっては、この先徐々に「この先使い途がなくなるジャンク品」になってゆくのは必定。

と、いうわけで、コストや手間を差し置いて、できるだけストック品を活かしで、整備することに決めた。
まぁ、用途が用途なので、さほど音質などにこだわる意味もないわけだし、
・金メッキ端子じゃなきやイヤ
とか
・無酸素銅線しか使いたくない
とかいったスペックにこだわる意味も必要もない用途のためである。

■結局…

  1. 自作も考えたものの、探してみると、モノラルのジャックもステレオのプラグも手持ちがないので、当然、既成品 を調達
  2. RCAピンプラグ付きのステレオ・ケーブルは、「売るほど」手持ちがあるので、その中で、接触不良が怖いのであまりプラグが粗末なものは避ける一方、オーバースペックにしても無意味なので、さして高品位とまでは言えないものをを選んで、反対側に、6φのモノラル標準フォーン・プラグ×2をハンダ付けして自作した。
  3. これも2と同様に、6φのモノラル標準フォーン・プラグの手持ちがないので、手持ちの、片側に3.5φのステレオ・フォーンプラグが付いたケーブルを使おうかとも思ったのだが、か細いカーブルなので標準フォーン・プラグへの引き込み部分の耐久性に不安がある。
     もともと使用頻度が低いこのSRシステムの中で、さらに使用頻度が低いケーブルアダプタなので、放置していたところ、下北沢のハードオフのジャンク・ケーブルのコーナーで、ドンピシャのケーブルを見つけてしまった。
     たしか500円だったかで、あとで調べると新品価格と比べてさして安いわかではなかったのだが、さりとて、ネットで調べてこの製品が見つけ出せたとも思えないし、見た目がゴツイにもかかわらず、ケーブルが結構柔軟なこともあって、これはこれで大成功かもしれない。
  4. 手持ちの 3.5φのモノラル・フォーン・プラグの未使用品を見つけ出したので、3に使おうかと思っていた、ケーブル付きの3.5φのステレオ・フォーンプラグにハンダ付けでモノラル接続して一件落着。
     思いだしたが、このケーブル、故障して廃棄したPC用スピーカーから外しておいたものだった。
  5. 電圧9Vなので、単3電池6本。秋月で買った乾電池フォルダなら手持ちがあるし、給電用のケーブルもかき集めると揃いそうに思えたのだが、ケースがない。
     探してみると、安価なケース付きのものがあったので迷うことなく購入した。
  6. 5の電池ボックスから、最低2つの機器にDC9Vを供給する必要があるので、まずは

   ・3分岐ケーブル を入手

    そのプラグのうち、1系統はMIX‐410Cに、プラグの先端の+-を逆転させるため

   ・極性変換アダプタ を入手

   もう1系統の、AT-MA2 へは、極性には問題ないものの
   先端ピンを2.5φから極性統一プラグの規格である1.8φに変換する必要がある
   のだが、
なぜか、ストック品の中から

   ・アダプタ・ケーブルを発掘できた。

■一応これで…

当初計画どおりの、プチSRシステムは組みあがったことにはなるのだが、すでに「環境」がまるで変ってしまっていた。

問題はとくに、スピーカー・システムで、AT-SPB50 程度の出力では、到底「『密』集」を回避できる環境下では「実用」にならない。

■実は…

スピーカーの出力アップについては

・スピーカー

については、オースミ電機のAV-635B/W)を2台入手済み
と、いうより、自作のオーディオパワーアンプのテスト用に、下北沢のハードオフで¥300で購入しておいたところ,その1年後くらいに近所のフリマで全くの同型機を¥200でもう1台入手できてしまったもの。

・パワーアンプ

AMAZONで、送料無料にするため、スピーカーの最大入力に合わせてに50Wのデジタル・パワーアンプ基盤× 2は購入済みで、あと必要なのは、ステレオ3.5φの入力ターミナル、100K(A)の入力ヴォリューム×2、それにケース程度なのだが…
(電源アダプタは必須になるが、古いThinkpad 用が流用できる)

■とはいえ

 組み上げたてみたところで、果たして、いつになったら使う機会が来るのやら。

 

|

« ノース・フェイスの「レイン・パーカー」と、バブアの「レイン・キャップ」 | トップページ | 【ちょっと域外】ご近所の「お狗さま」探訪 »

Audio」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノース・フェイスの「レイン・パーカー」と、バブアの「レイン・キャップ」 | トップページ | 【ちょっと域外】ご近所の「お狗さま」探訪 »