« プチSRシステム2 一応「完成」……はしたけれど。 | トップページ | 庭の潅水装置のメンテナンス その1:リペアパーツの入手 »

2020/10/31

【ちょっと域外】ご近所の「お狗さま」探訪

■どうやら…

我が家の近隣には、御嶽神社はあっても、「お狗(犬)さま」はいないようなので、少し範囲を広げてみたら…

「お狗さま」についてはこちら
http://baumdorf.cocolog-nifty.com/gardengarden/2020/10/post-411332.html

順次追記予定の google map 「お狗さま」はこちら
https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1A_eUXRPpmdG-27kyuwi8Nba8xYtGkCcp&usp=sharing


■高井戸御嶽神社 2020/10/31

我が家の最寄り駅から電車1本でゆける、京王井の頭線高井戸駅近くの、天台宗吉祥院門前の御嶽神社に、「お狗さま」がいることがわかった。

■環八沿いの…

高井戸駅から南に向かい、神田川を渡る「つくだばし」を越して、10分ほどで、環八西沿いに

「高井戸不動尊」とのゲート「天台宗吉祥院」の立標のある、

Dsc03544s 

参道入口についた。

■細い…

参道

 Dsc01271s 

を西に進むと…

■右手に…

天台宗吉祥院の山門が見える

Dsc03550s

■当然ながら…

参拝したし、なかなかのお寺なのだが、今回のテーマとは外れるので委細は省略することにして、正面やや左の鳥居のところにある

御嶽社

Dsc03574s

とくに、画面左右の「お狗さま」に集中する。

■まず

写真正面右手の「阿形」の「お狗さま」

Dsc01258s

別角度からは…

Dsc03570s_20201031213501

■次いで「吽形」

Dsc01259s

同様に別角度

Dsc03572s

■宮益御嶽社の

「かわいい」お狗さまと違って、阿吽どちらも顔は迫力があって頼もしいのだが…

脚やせめて足先が、もっと力強ければ、と思う。

■それはともかく…

ここ、天台宗吉祥院の方は、参道にある縁起書

Dsc01266s

によれば、

明治16年に谷中から当地に移転してきた

とのことなので、ほぼ間違いなく、お寺よりも、御嶽社の方が当地での由緒が旧い

といってよいだろう。

■同じく…

縁起書きによれば、吉祥院は、成田山新省講の祈願寺として、多くの信者が参集したそうなので、その陰に隠れて、当地の御岳信仰が忘れ去られては、と懸念した御嶽講の人たちが、明治32年になって、この

  Dsc01257s       

「眷属〔この場合は「お狗さま」を指す〕供養塔」を建立したのではないか、というのは考えすぎだろうか。

 

■方南大山神社 2020/11/03

方南町の、釜寺こと東運寺

Dsc01283s
本堂の棟の上に「釜」が載っている

のブロックの西端、環七から1本東にある大山神社に「お狗さま」がいることがわかった。

大山神社といえば、丹沢の大山阿夫利神社を信仰する大山講の人たちが建立したと考えられるのだが「さて大山にお犬さま信仰があったっけ?」と調べてみたが、どう考えても大山に「お狗さま信仰」はなさそうだった。

しかし、現地

Dsc01290st

Dsc01304s

に行ってみると、こんな

Dsc01292s

石碑があって、もともと当地にあった、大山社、御嶽社、榛名社を合祀した*

・社名は大山社のそれを承継し
・「お狗さま」については他の社に狛犬がいなかったので、御嶽社の「お狗さま」を承継した

のだろう(他社に狛犬があったのなら、いくら合祀といっても、さすがにそれらを「打ち捨てる」とは思えない)

*残念ながら、この碑の裏面にあった建立年が石の剥落によって読み取れない
 (残っている文字の一部から推測すると大正3年9月1日」〔赤文字が欠損部〕と読めなくもないが)
 たとえば、合祀されたのが
 明治初期の神仏分離の時期なのか、
 神社合祀令が施行中の時期なのか、
 関東大震災後の住宅地化で、農村を基盤にしていたこの種の講社(講中)が衰退した時期なのか
 などによっても、この大山神社の起源についての解釈は違ってくるだろう。

■祠の中の

護符をみると、御嶽のそれの存在感が大きく、とくに中央部に祀られているのは

平成20年に御嶽神社から戴いてきたらしい、同社の木札である。

Dsc01302s

他に大山社の護符も複数あるが、榛名社のそれは見当たらない。

御嶽社の護符の年代からみて、今も御嶽講が当地にも存続しているとも思えないのだが、榛名社、大山社、御嶽社の順に、当地の信仰が衰退してきたことは確かだろう。

■最後に

肝心の「お狗さま」の写真

阿吽それぞれ何カットか撮っているが、どう見ても「これで決まり」というカットのみをご披露する。

定石にしたがって、まず、阿形

Dsc01300s

次いで、吽形

Dsc01299s

■体側には

肋骨が浮き出ているのに対し、脚、とくに前脚の力強さが印象的である。

 

■笹塚御嶽神社 前同日

方南の「お狗さま」

の帰路、環七沿いのバス停から、新代田駅前行きの東急バスに乗って、終点から井の頭線で帰るつもりだったのだが、渋谷行きの京王バスの方が先に来たため、代々木八幡経由の小田急線で帰ろうと乗り込んだのだが、バスが環七から甲州街道に左折して、笹塚を通ることがわかったので、笹塚駅前で降りて、笹塚の御嶽神社に参拝することにした。

■ここには

「お狗さま」がいないことはわかっていたのだが、これまで調べた限りでは、我が家からもっとも近い御嶽社なので、せっかくの機会なので立ち寄ることにしたわけである。

地図は持ってきていなかったが、甲州街道の北側で、笹塚駅前から西方向にある路地の西側にあることは記憶にあったので、何筋かを順番に手繰ったら期待通りに見つかった。

Dsc01310s

■この種の

社としては、境内地も結構広いし、きれいに掃き清められていて、当地の方々が大切に祀っていることが窺われる。

 

■永福御嶽神社 2020/11/14

■京王井の頭線…

永福町駅から南に数分。

昭和の香りの残る商店街の中にあった。

Dsc01320s
杉並区永福1丁目39番17号

Dsc01323s

■ここは…

数100メートル南の、永福稲荷神社

Dsc01334s  
杉並区永福1丁目24番6号

の境外末社として、江戸時代中期に当地の御嶽講の講中が建立したもののようだが、写真でわかるように、今回、本社の方にまで足を延したのは、ネット上の情報で、ここの境内に「不可解な動物」の像が祀られているらしいことを知ったからである。

■境内を…

探し回った結果、北側の参道入口の鳥居の手前の擁壁の上に

Dsc01344s

一対の、像を見つけた。

■こまかい…

分析とか類例探しは後日のことにして、まずは、論評抜きで

吽形|阿形 のペアで、何パターンかを載せておくことにする。

Dsc01347s Dsc01345s_20201114143101

Dsc01348s_20201114143201 Dsc01346s

Dsc01350s_20201114143301 Dsc01351s

Dsc01354s_20201114143701 Dsc01355s_20201114143701

Dsc01353s_20201114143901 Dsc01352s

■とにかく…

オオカミ(お狗さま)のようでもあり、キツネ(お稲荷さん)のようでもある、という不思議な像である。

 

■羽根木御嶽神社 前同日

京王井の頭線で…

帰宅するルートの途中なので、代田2丁目駅で途中下車して、その北方の同社に立ち寄ってみた。

Dsc01372s
東京都世田谷区羽根木1丁目24番1号

標柱に、「武州」と冠して社名を刻んでいる。

Dsc01374s

■こちらは…

旧・原・世田谷村飛地羽根木の、閑静な住宅街の中にある。

 

■杉並区桃井の御嶽神社 2020/11/21

■ネット上では…

採り上げている方

https://ameblo.jp/benben7887/entry-12375413239.html
はあまりいないようだが、写真でみると、ここは武藏御嶽神社スタイルの正統派のお狗さまが守護しているようなので、JR西荻駅から15分ほど歩いて、青梅街道から少し北に入った、ここに行ってみた。

Dsc01435s

■ネット上の…

画像でみると、正面に2階に上がるための鋼鉄製の階段の脇にあるという、不思議な佇まいに感じていた。

行って見てわかったのは、ここは

Dsc01428s

「宿町集会所」という、町内会館だった。

個人のお宅ではないので、安心して、所在地を、杉並区桃井4丁目1番9号と、住居表示で示すことができる。

■つまり…

この社は、旧町名の宿町を冠した町内会の会館の西南隅に鎮座している。

Dsc01412s

道路際には鉄のフェンスが設けられているが、中央にある引き戸には施錠がなく(というより、その設備/装置もない)誰でも参拝できるようなので、境内に入って参拝したが…

賽銭箱がない!

Dsc01418s

ここの場所柄からは、いわゆる地域神と思われるのだが、それなら賽銭を供えられても、祠やお狗さまの維持の資金として町内会が管理すれば問題ないはず。

あるいは、特殊な縁起があるのかもしれないので、いずれは、杉並区の郷土資料館などででも調べてみたいところである。

とはいえ、そのまま立ち去るのも気がひけるので、5円玉だけ、祠の框にお供えしてきた。

■で、肝心の…

お狗さまだが、アングルを少し変えて2カット撮ったので、吽形‐阿形を並べて掲載しておく。

Dsc01417s

 

Dsc01413s

 

 

Dsc01423s

Dsc01420s

■一応これで…

宮益御嶽神社から始まって、我が家の近隣といえる地域にある「お狗さま」がいる御嶽神社については「管見の及ぶ限り」ではあるが、全て参拝したことになる。

残るは「お狗さま」不在の御嶽神社(たとえば、代田八幡の境内社。ここは今月25日に参拝予定)と、三峯系の神社で、できれば年内に参拝したいところではある。

■代田御嶽社 2020/11/25

今日、小田急線の世田谷代田駅前で、ちょっとした打ち合わせがあったので、すぐ近くの代田八幡神社の境内社である御嶽社に立ち寄ることにした。

Dsc01443s

本殿の右(東)奥の、一段高い場所にある。

みてのとおり、「お狗さま」はいない。

Dsc01438s

■代田三峯神社 前同日

代田の御嶽社を参拝した後、淡島通りのバスで渋谷にでることにしたので、いわばバス停までの通り道といってよい、代永山圓乗院

Dsc01445s
右端が、昭和20年5月の山の手空襲で被災したコウヤマキ


の境内東脇

Dsc01452s

の三峯神社にも立ち寄ってみることにした。

Dsc01458s

の扉が少し開いていたので、覗いてみると

Dsc01453s

比較的新しい代参札(代参者が、講中のために秩父三峯神社から受けてくる護符)と思しきものが納めれていて

 代田三峯
  講社御中

と読める。

代田の三峯講中が、いまでも活動を続けていることが如実にわかる。

■砧三峯神社 2020/12/11

■小田急祖師谷大蔵駅に…

ほど近いところに、三峯神社があって、お狗さまがいるそうなので、「三密」の避けれれそうな平日の今日、休みをとって行ってみた。

 近い割には道がややこしいところだったが、「とにかく駅から南東に行って、荒玉水道道路に出ればなんとかなるだろう」と行ってみたら、うまく、神社の1本北の道に出た。

■南の…

参道側に回り込むと

 Dsc01484s

どうやら、お狗さまは、右手の社務所前と、正面の拝殿前に2対いる模様。

Dsc01514s 

■まずは…

参拝の後に、拝殿前の「お狗さま」

Dsc01504s

今回は、阿形から

Dsc01507s

吽形

Dsc01508s

■次いで…

社務所前の「お狗さま」を同順で

Dsc01502s

Dsc01500s

以上「マイ・ベスト・アングル」のみ

【備忘録】

下落合にもあったニホンオオカミの社。:落合学(落合道人 Ochiai-Dojin):SSブログ (ss-blog.jp)

 

|

« プチSRシステム2 一応「完成」……はしたけれど。 | トップページ | 庭の潅水装置のメンテナンス その1:リペアパーツの入手 »

Falklore」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プチSRシステム2 一応「完成」……はしたけれど。 | トップページ | 庭の潅水装置のメンテナンス その1:リペアパーツの入手 »