« ギャラリートーク「オースティン・コレクションでの試み 写真のはたらきを考える」 | トップページ | 「Dr.オースティン展」の今昔ヴィデオの検証結果 »

2018/04/16

「下北沢の戦後アルバム」編集ログ

・フロリダ州立大学蔵のオースティン博士のコレクション中の
 終戦直後の下北沢の写真
・下北沢で生まれ育った飯田勝氏の昭和末期の下北沢のイラスト

を編集した

「下北沢の戦後アルバム」(北沢川文化遺産保存の会/平成30年3月・刊)

Shimokitazawa_after_post_war_for_pr
奥付(左)と表紙(矢印付数字は、写真番号、撮影位置・方向を示す)

結構あちらこちらで「いつごろから始まったプロジェクトなのか」とのご質問があり、毎回思い出しながらお答えするのも面倒なので、今日の出張の往復の新幹線の中で、ダウンロードした画像やメールのタイムスタンプを基に、編集ログのデータをまとめました。

焼け遺ったまち 戦後の下北沢アルバム(以下「アルバム」)編集ログデータ

凡例:「会」    =北沢川文化遺産保存の会< http://blog.livedoor.jp/rail777 >
      「邪宗門」=世田谷邪宗門<
http://jashumon-setagaya.la.coocan.jp >
      「FSU」  =フロリダ州立大学<
http://digital-collections.ww2.fsu.edu/omeka> 

16/05/27ころ 会の米澤邦頼氏がオースティン・ライブラリ
                    http://digital-collections.ww2.fsu.edu/omeka/items/browse?collection=1
         中に”shimokitazawa“の写真なるものがあることををSNSを通じて探知
         
【参照】東京新聞18(H30)/04/25朝刊28面参照

16/06/17ころ 米澤氏が、当時同定されていた下北沢関連写真8枚などを、
         会の事務局であり集会所でもある邪宗門に届ける
         
【参照】https://www.google.com/maps/d/viewer?mid=1_mDAHet9kv1Pu78S29LNXtBxwNM&usp=sharing

16/07/27・28 第1回悉皆調査(この時点で、写真07/09/10/16/17を除く13枚発掘)
16/08/04・05 第2回悉皆調査(写真10/16/17を発掘)
16/08/01      会の作道敬子さんの調査結果を加え、既知の16枚の位置・方向特定
16/08/06      会の第2回研究大会で「下北沢今昔写真」のプレゼンテーション実施
                   http://blog.livedoor.jp/rail777/archives/52025207.html
         
【参照】http://baumdorf.cocolog-nifty.com/gardengarden/2016/08/post-9fe0.html

16/12/17      会の第123回「都市物語を旅する会」定例ツアーとして
          「下北沢の終戦直後(1946~1950)のカラー写真跡を歩く」を実施
         http://blog.livedoor.jp/rail777/archives/52034828.html
         http://blog.livedoor.jp/rail777/archives/52034893.html
         http://blog.livedoor.jp/rail777/archives/52035073.html

16/12/24ころ 邪宗門に、米国の Nakada 氏から下北沢他の写真が郵便で届く
         
【参照】http://digital-collections.ww2.fsu.edu/omeka/the-nakada-family

16/12/26      ネット上で発見した Nakada 夫人のアドレス宛メール発信【無反応】
17/02/20      FSU宛て、ライブラリの連絡フォームより照会文発送
                                 【受信確認メール後無反応】
17/10/17      NHKのディレクターの方よりご教示を受けた、FSUのキュレーターの

          Dr. Annika Culver のアドレス宛てダイレクトに照会文を発信
17/10/17      Dr. Annika Culver より”Image Permission and Use Agreement” form
                   が添付された了承の返信を受領
17/10/21      Dr.Culverのメールを受け、「あわてて」最初の割付素案作成
17/11/05      第3回悉皆調査(写真07/09を発掘)

17/11/14      飯田作品の編集用のデータをpdfファイルで入手
17/11/19      邪宗門で編集会議開催
         http://livedoor.blogimg.jp/rail777/imgs/9/b/9bbb08f0.jpg

18/01/31      飯田作品の高解像度データをtiffファイルで入手
18/02/15      印刷初校
18/02/15・16 第4回悉皆調査(「出土物」なし)
18/03/02      FSU宛て、“Image Permission and Use Agreement” formに、必要事項
         を補入して発送
18/03/15      校了
18/03/23      印刷完了
18/03/24      会により、北沢川緑道で初配布
         http://blog.livedoor.jp/rail777/archives/52065424.html

18/03/27      FSU宛てアルバム5部(許諾条件では2部)を発送
18/04/11      FSUよりアルバムの受領通知受信

                         by キュレイタァ/エディタァ きむらたかし

|

« ギャラリートーク「オースティン・コレクションでの試み 写真のはたらきを考える」 | トップページ | 「Dr.オースティン展」の今昔ヴィデオの検証結果 »

Photography」カテゴリの記事

Local history」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「下北沢の戦後アルバム」編集ログ:

« ギャラリートーク「オースティン・コレクションでの試み 写真のはたらきを考える」 | トップページ | 「Dr.オースティン展」の今昔ヴィデオの検証結果 »