« 世田谷区立郷土資料館「地図で見る世田谷」展 | トップページ | 高崎の川魚鮨で、かつての立川駅の駅弁を思い出した »

2017/11/20

世田谷区立郷土資料館「地図で見る世田谷」展〔続報〕

■標記の…

特別展

http://baumdorf.cocolog-nifty.com/gardengarden/2017/11/post-1467.html

図録の付録のDVD。

 図録に収録されているデータが「そのまんま」3サイズでpdfファイル化されて収録されていて、pcの画面上で拡大して細部まで見ることができる。

 とくに、最も高解像度で大きなサイズの

 book_h.pdf

は約420メガバイト。

 世田谷全体の図についてはさすがに苦しいものの、それ以外の、領域が限定された地図の場合は、拡大すると細かい文字まで読み取ることができて、非常にありがたい企画である。

■残る…

問題は、世田谷全域を対象とする地図で、その典型例が図録056~058の

「大日本職業別明細図」 3葉。

 このシリーズの「商工地図」と呼ばれる民間地図は、世田谷周辺では

・渋谷区については、
  大正14年版と昭和3年版の2種のレプリカが、同区教育委員会から発行され

・杉並区については、
   同区のwebサイト「すぎなみがく倶楽部」 https://www.suginamigaku.org
   昭和8年版が掲載され
   https://www.suginamigaku.org/docs/his_yoshida.pdf

ているのに対し

・世田谷区については
   柏書房「「昭和前期 日本商工地図集成 第1期 首都圏編」
   http://www.kashiwashobo.co.jp/book/b228364.html
   中にモノクロで復刻されている昭和12年版を見ることができるだけであった。

■今回の特別展では…

昭和7年版、10年版、12年版が一挙に公開されて、図録やそのDVDにも収録されているほか、12年版についてはレプリカ(ただし、渋谷区のそれと違って裏面のインデクスはなし)が図録の付録に付くという大盤振る舞いである。

■しかし…

さすがに、幅約80センチのこれらの地図の場合、幅約3000ピクセルの高解像度版ですら、どうやってみても細部の文字までは読み取れない。

 そこで、幸い同館は、ノンフラッシュならば(というより、ガラス越しなのでフラッシュを使うのは逆効果でしかない)写真撮影可能なので、去る16日に、デジカメ(SONY α7R)にマクロレンズ(Canon NewFD 50/3.5)を付けて、レプリカのある昭和12年版以外の下北沢駅周辺と世田谷中原〔現・世田谷代田〕駅周辺の部分を撮影してきた。

■先ずは昭和7年版

・下北沢駅周辺

S07s
・世田谷中原駅周辺

Dsc08579s_2


■次いで昭和10年版

・下北沢駅周辺

S10s

・世田谷中原駅周辺

S10s_2

【余録】

・下北沢駅周辺広域版

S10s_3

■まちの…

歴史の貴重な史料である。

|

« 世田谷区立郷土資料館「地図で見る世田谷」展 | トップページ | 高崎の川魚鮨で、かつての立川駅の駅弁を思い出した »

Maps」カテゴリの記事

Local history」カテゴリの記事

コメント

コメント拝読しました。

 世田谷郷土館のご説明のとおり(というか結果的には同じ)
 ですが、大日本職業別明細図ついては、
 ・団体名の著作物であり(若干問題なくもないですが)
 ・すでに公表後50年以上経過している
 ので、誰でも、自由に使える、いわゆる「パブリックドメイン」
 になっているはずです。

 また、当方の写真も、上の「パブリックドメイン」を、AsIsで
 撮影したものですので、新たな著作物にはなりません。

 したがって「法律的には」いわゆるクレジット表示は不要です。
 ただ、「学術的には」資料の信ぴょう性にかかわるので、出典
 不明というわけにはゆきませんので、それぞれに
 「東京交通社「大日本職業別明細図 世田谷区」昭和XX年XX月XX日・刊より抜粋」
 というクレジットは入れた方がよいと思います(尚、お気が向か
 れたら「画像提供:きむらたかし@三田用水」とでも入れて
 いただければ嬉しいです)。

投稿: きむらたかし@三田用水 | 2018/04/20 20:25

初めてお便り申し上げます。山本と申します。こちらのページで「地図で見る世田谷」展のことを知り、古書で図録(DVD付)を購入しました。
私の調べているのは、昭和初期の下北沢周辺ですが、記事にも書いておられる通り、「大日本職業別明細図(S7)」は拡大すると、住居名とかが読めなく、カメラで撮られておられる写真の方が鮮明で、調べるとき大変役立ちました。

そこでお願いですが、よろしければ是非、同写真をお借りしたいと思っております。今は仲間内の発表で使う資料内での写真ですが、いずれ本にでもまとめられたらと夢に見ております。

もし使わせていただけるようであれば、その際の出典表示などをどうすればよいとか、御座いますでしょうか。

著作権の件で世田谷郷土資料館に尋ねましたら、地図的な著作権はないとのことで、ご自由にという事でしたが、写真はこちらのを使わせて頂こうと思っております。
ご連絡いただければ、有り難く思います。

まだ外にもいっぱい記事があり、これから読ませていただくつもりです。お読み頂き有難うございます。


投稿: 山本 達郎 | 2018/04/20 12:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世田谷区立郷土資料館「地図で見る世田谷」展〔続報〕:

« 世田谷区立郷土資料館「地図で見る世田谷」展 | トップページ | 高崎の川魚鮨で、かつての立川駅の駅弁を思い出した »