« 【余談】「情報の結晶化」 | トップページ | 世田谷区立郷土資料館「地図で見る世田谷」展 »

2017/10/18

特別展「渋谷駅の形成と大山街道」

[標記の特別展が…]

白根記念渋谷区郷土博物館・文学館 で
平成29年10月28日(土)~平成30年1月21日(日)
開催されます。
https://www.city.shibuya.tokyo.jp/edu/koza/12kyodo/tenrankaishousai.html#15

チラシの表側の画像は、ポスターにもなっているので、随所で目にする機会も多いかと思いますので、ここでは、裏面の画像を

S

展示物のご提供(何かは見てのお楽しみ)など、少しばかりお手伝いさせていただいた折に聞き及んだところによると、当地つまり西隣の世田谷区東北部、とりわけ帝都線や玉電沿線の住民にとっての見所は…

・明治18年に日本鉄道品川線(現・山手線)開通時に、今の湘
 南新宿ラインの渋谷駅(俗称・南渋谷駅)のところに、渋谷
 駅が開業して以来の変遷を、とくに大山街道を走った玉電や
 市/都電の停留場との関連を含めて示す展示

 *この日本鉄道品川線の

 当初の計画ルートについては、当ブログの
 「原・山手線のルートは鎗ケ崎越えだった?」
 
http://baumdorf.cocolog-nifty.com/gardengarden/2016/11/post-8ab0.html

 をご参照ください。

そして
・昭和39年のオリンピックを前に、首都高速3号線工事の進む
 東口駅前を中心に再現したジオラマ(上記チラシの左側中央参照)
  このジオラマ、かつて、東急プラザの閉館直前の展覧会
  で見たのですが、ヤジロベエ式の首都高3号線の橋桁工
  事、東横百貨店屋上の遊戯施設、工事中の東口周辺の道
  路の「ヤレ」た路面、など感動モノでした(写真は、そ
  の折のもの)

Dsc02795s_3

Dsc02789s_25000形、7000形はいわば定番ですが、5200形(1編成しかない)がさりげなくいるのは感動もの。

・渋谷駅からハチ公バスが使えるので、交通費低廉
・60歳以上入館無料(要証明資料提示)
https://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/kyodo/index.html
なので、

とくに「アラ・シックス」以上の年代の方は

ローコストで「青春の想ひ出」に浸れます。

是非お運びを。

|

« 【余談】「情報の結晶化」 | トップページ | 世田谷区立郷土資料館「地図で見る世田谷」展 »

Local history」カテゴリの記事

Railroad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132178/65931914

この記事へのトラックバック一覧です: 特別展「渋谷駅の形成と大山街道」:

« 【余談】「情報の結晶化」 | トップページ | 世田谷区立郷土資料館「地図で見る世田谷」展 »