« レナウン・ミラノの「スパゲティ カルニ」…もどき | トップページ

2017/06/05

食べ物随筆名作2篇

■新聞で…

暮しの手帖社が、1968年1月にその第96号として発行した「戦争中の暮しの記録」の続編の原稿を募集していることを知った。

https://www.kurashi-no-techo.co.jp/70th

この雑誌(というよりコンセプトはMookに近いか)、祖母が本屋さんにたのんで定期購読していたので(他は、ミセス、家庭画報、そして女性自身)、自然にこちらも定期購読していたのだが…

■これだけは…

と思ってもらい受けて保存していた2冊のうち1冊が、この96号だった。

で、もう1冊は、どれかというと

この号で

S_2

なぜかというと、この

_first

洋画家の中村研一画伯のエッセイがあったためである。

 なにが嬉しいかというと、ジャガイモとかサバとかいった、ごくごくありふれた食材を、いかに美味く食うかの話に終始していて、著作権の制約がなければ全文転載したいくらい。

 で、一番印象に残っていて、今でもいわば座右の銘にしているのは、中村画伯が京都の下宿で同宿だった、元破戒坊主さんの以下の教訓。

「人間はねえ、衣食住というものが大事ですよ」
「食いものはね、とくべつ高いものを食やあ、別だけど、当り前のものを食っとれば、天子さまが食わはったかて、あんたが食うたかて、ようするに、腹一杯になるのは、おんなじこっちゃ。欲ばっても食いためもできません。大金持の大倉喜八郎が食うたかて、おんなじこっちゃから、食いもの、これにはぜいたくしなはれよ」
食べものは、なんぼぜいたくしたかて、たかがしれとる。腹が一杯になったら、それで終いや

画伯は、この話に続けて、徒然草の以下の件を引いています。

(生きてゆくために止むを得ない四つのものは、衣食住と、そして薬で、)『この四つ欠けざるを富めりとなす、この四つの外を求め営むをおごりとす』」

もっともです。

■実は…

私の「食い物感」を決定した本がもう一冊あって、それが、

隣家に住んでいた、今は亡き9歳年上の叔父の、おそらくは、やはり今は亡きその連れ合いの蔵書だったと思われるものを、借りてむさぼり読んだ

伊丹十三「ヨーロッパ退屈日記」

(いわば、そのサワリの部分についての的確な評論は ここ

だったのですが、この本について書き出すとキリがないし、この本、伊丹がアメリカ映画で清朝末期の義和団の乱をテーマにした「北京の55日」に出演のため、ヨーロッパ滞在中の経験を綴ったもので、最後は義和団の乱の折の、伊丹が演じた各国外交団が北京に籠城しっていた時の多国籍軍の実質的な司令官、帝国陸軍の柴五郎中佐の話にまで脱線しそうなので、また別に機会に。

|

« レナウン・ミラノの「スパゲティ カルニ」…もどき | トップページ

Foods」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132178/65375263

この記事へのトラックバック一覧です: 食べ物随筆名作2篇:

« レナウン・ミラノの「スパゲティ カルニ」…もどき | トップページ