« 補助26線 新情報〔その2〕 | トップページ | 諏訪・伊那・木曽の旅【茅野市神長官守矢史料館】 余録: 大田区久が原のミシャグジのカミ【現地探訪篇】 »

2016/11/07

原・山手線のルートは鎗ケ崎越えだった?

今の…

山手線(の西側約半分)は、もともとは、私鉄〔といっても、一般的な私鉄とはやや性格が異なる〕*だった日本鉄道の、東北・上越方面と東京南部とを結ぶ路線として明治18年に開通したことはよく知られている。

*[日本鉄道]
というのは、なんとも不思議な成り立ちの鉄道会社です。

 事の起こりは明治0年代。(金持ちは皆、汽車に乗って東京の芝居を見に行ってしまうので)「横浜の芝居小屋が廃れた」といわれるほどの繁盛していた新橋・横浜間の官設鉄道を、岩倉具視を中心とする華族たちが資本を集めて払い下げを受ける計画がもちあがりました。民間が、官営で立ち上げた企業の払い下げを受ける(あるいは釜石の製鉄所のように「押し付けられる」)というのは、当時はしごく普通のことではありましたが、諸般の事情で中止のやむなきに至りました。

 集めてしまった資本は、澁澤榮一の勧めにより、明治12年、東京海上保険会社の設立に使用したのですが、この間に、政府は、鉄道網を充実させる必要が叫ばれながらも国には金がないため*、鉄道官設から、私設鉄道の設立を奨励・助成する方針に転換しました。

 これを受けて、再び岩倉らの後押しで、華族か資本を集めて明治14年に設立したのが、日本鉄道会社です。この鉄道会社、私鉄ではあるものの、建設工事、車両・資材の供給、線路の保守等は政府の鉄道局が行なったという、準官設ともいえる性格を有していたようです。
(参照:「日本産業史 1」有沢広巳・監修/日経文庫497/1994/06/14・刊)

* 明治5年の汐留-横浜間の最初の鉄道もイギリスで国債を発行して資金を賄った。
  今の日本人からみても「よくもまぁ貸したものだ」と思うが、一見もっとギャンブルに見えるのが
 日露戦争の戦費調達のための国債だが、こちらの方は、ロシアの西への進出を食い止めたい
 
イギリス、実際に国債を引き受けたロシアで「いじめられている」ユダヤ人にとって、勝ち負けは
  ともかく、たとえ日本が負けて多少資金が焦げ付いたとしても、ロシアの勢力を多少なりとも削
 
ぐだけでも「まんざら損はない」投資だった可能性がある。
  ちなみに、AIIBに関して、麻生財相が「1日も遅れず、1銭も違わずに返した」といったのが、こ
 のときの国債らしく、本当に戦時中も、中立国経由で、交戦中の英国に向けて返済し続けたら
 
しい。

その「日本鉄道品川線」のルートとして初期に計画された、品川―高崎間の路線の図面が、国立公文書館のデジタルライブラリにある。

「東京高崎間鉄道路線図」〔原文「東京高嵜間銕道略圖」〕

https://www.digital.archives.go.jp/DAS/pickup/view/detail/detailArchives/0605050000/0000000746/00

S

これまた…

よく取沙汰されている「目黒駅追い上げ説」によれば、 現・山手線は品川から目黒川を渡り、川の右岸側を進み、目黒不動の東側を通り、その後目黒川を渡って渋谷に抜ける計画だったところ、地元民の反対にあって、現・五反田駅を経て現・目黒駅に抜けるルートに変更された、というものだが、この地図

C
上図の左端を抜粋し90度半時計周りに転回

をみると、あながち、都市伝説とばかりは言い切れない話にも思えてしまう*

*ただし、やはり都市伝説でしかないようである。
小野田 滋「東京鉄道遺産をめぐる 番外編5 連載の補遺 -その2-」(鉄道ファン2012年5月号pp.146-151)pp.146-150 

■それはともかく…

この図をみても品川駅は(もともと東海道本線の駅だから当たり前だが)現在と同じ位置にあるし、図中に赤字で「ステーション」とある渋谷駅も開通当初の位置(その後、渋谷の貨物駅となり、現在は、湘南新宿ラインの「里俗・南渋谷駅」がある)にあるように見えるので、果たしてこの品川・渋谷間の当初計画のルートがどのようなものだったのかには、興味をそそられるところである。

 

■そこで…

2s

この、品川・渋谷間について、線路に交差している当時の主要道路を当てはめてみると、

・目黒不動のあたりまでは、目黒川右岸を、ほぼ現在の山手通りに近いルートを北上し

・目黒・田道の海軍火薬製造所、現在の防衛技術研究所の南で目黒川の左岸にわたり

・別所坂の西を過ぎるあたりまで岸沿いに北上して、

・ルートをやや東に転じて、目黒川と渋谷川の間の鞍部を越えて

・渋谷川の谷筋に下り

・ほぼ現・湘南新宿ラインの駅の位置にある渋谷駅に達する

ことになる。

■問題は…

 その目黒川と渋谷川の間の鞍部をどこで越えるのかにあるが、路線図をよく見ると、そのルートは

目黒川側の谷筋らしき鞍部の微妙な凹み

・渋谷川側の明らかに谷筋と思われる凹み

の間を結んでいることが読み取れる。

・この両者を満たし

・鉄道路線として(当初は蒸気機関車が牽引する列車だった)勾配に無理があまりなく
・谷筋があって線路を通すための地盤の掘削量が少ない

ルートとしては

 目黒川側では、現・駒澤通り

 渋谷川側でが、現・東横線

の通る両谷筋を活かしたラインしか考えにくい。

 

3s

■つまり…

この初期の原・山手線ルートは、どうも鎗ケ崎のあたり越える計画だったようなのである。

 

 

|

« 補助26線 新情報〔その2〕 | トップページ | 諏訪・伊那・木曽の旅【茅野市神長官守矢史料館】 余録: 大田区久が原のミシャグジのカミ【現地探訪篇】 »

Local history」カテゴリの記事

Railroad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132178/64458861

この記事へのトラックバック一覧です: 原・山手線のルートは鎗ケ崎越えだった?:

« 補助26線 新情報〔その2〕 | トップページ | 諏訪・伊那・木曽の旅【茅野市神長官守矢史料館】 余録: 大田区久が原のミシャグジのカミ【現地探訪篇】 »