« 講演会余録「代田のダイダラボッチ」の弁天堂 | トップページ | 補助26線 新情報〔その2〕 »

2016/10/24

Fox Fire のフィッシング・ヴェスト

ネットオークションで…

「メッシュ × ベスト」で検索したら、Fox fireのメッシュのフィッシング・ヴェストが破格の値段で出ていた。

 秋ものとか、冬物のダウン入りのフィッシング・ストは持ってはいるものの、ちょっとしたトラウマのせいで、真夏の釣りはできるだけ避けていたせいもあって、夏用のメッシュのヴェストは持っていなかった。

 しかし、ここ数年、夏というか初夏に、いわゆる「まち歩き」のガイド役をしていて、参加者の皆さんのうちかなりの方々がメッシュのヴェストを着ているのを見て「これはこれで便利そうだ」と、いろいろ物色はしてみたものの…

・ほとんどが、いわば「ゲートボール場」の皆さんが着ているような、何の面白味もないデザインのもので、さすがにそれはゴカンベン

・さりとて、フィッシング用のは、逆に、釣用としても私には 「ヤリスギ」で、まして「まち歩き」には不適当だし、しかも不当に高価

・では、プロ中のプロともいえる米海兵隊の放出品はというと、確かに機能的で魅力的なものの、普通のシャツ・パンツと合わせる着こなしが難しい、というかまず不可能

と、いった具合で、結局「これは」というのがなかなか見つからなかったのである。

Fox Fire といえば…

もう30年以上前になるが、当時のいわばあこがれのブランド。

 と、いっても、夏物のフィッシング・ヴェストは、あっても、せいぜい年に1度か2度使う程度なのに加え、腕が、日焼けでヒリヒリになったうえブヨに刺されて真っ赤になるのがいやなので(これもトラウマの一つで、盛夏に奥日光の湯川や湯ノ湖でひどい目にあった)、アメリカ旅行の折に、サンフランシスコのエディーバウアー* で買った長袖のフィッシング・シャツ(確か65ドルくらいだったと思う)を常用していた(今や「ヘタヘタ」だが手放せない)こともあって、高価(当然65ドルの日本円換算の値段では買えなかった)なこともあって手を出せなかった。

 と、いう経緯もあって…これがバカ安で入手できるなら、と落札してしまった。

* エディバウアーといっても、2度の倒産を経る前の、「アカ抜けないけど高品質」の、この

https://en.wikipedia.org/wiki/Eddie_Bauer#1971.E2.80.931987:_General_Mills_and_Ford_Eddie_Bauer_Branding

時代。

届いてみると…

おそらく30年ほど前の製品なので、使用感はあるものの、とくに痛みもなく

Dsc05621s

 しかも、かの「あこがれ」のブランドだった浜野安宏さんプロデュース時代の

http://www.teamhamano.com/blog/2014/02/12/

「スプールス」〔ベイトウヒ〕のゴールド色のタグ

Dsc05624s

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC

註:ただし、スプールスという樹木の材木は、建築用材としては、まったく高級品の範疇には入らない
  その点では、(黄葉するらしいことを含めて)日本のカラマツに近いか。


加えて…

前のオーナーがいかにも実用していたことを示す「おにぎりの梅干しの種」なんかがポケットから転がり出てきたり、と(個人的には、とても面白がれたのものの、当然ながら一般化はできない話なので、出品者さんには、今後はしっかり検品するようご注意させていただいた)、とてもうれしいオークションだった。

|

« 講演会余録「代田のダイダラボッチ」の弁天堂 | トップページ | 補助26線 新情報〔その2〕 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132178/64394930

この記事へのトラックバック一覧です: Fox Fire のフィッシング・ヴェスト:

« 講演会余録「代田のダイダラボッチ」の弁天堂 | トップページ | 補助26線 新情報〔その2〕 »