2003年遠野の旅

<p><p><p><p><p><p><p><p><p>遠野の旅 2003年11月</p></p></p></p></p></p></p></p></p>

遠野の旅 2003年11月

かねて憧れていた、遠野にようやく行くことができました。

                                                                     
R1509_12_2



        R1509_12.JPG        
東京駅
        「つばさ」の単行
       
遅延して、福島で「やまびこ」に接続できなかったため
      
     
R1509_20_2



        R1509_20.jpg        
盛岡の民芸運動の拠点の一つ、「北の光源社」の
        「いぎりす館」
      
     
R1512_29
R1512_29.jpg        
JR釜石線「新花巻駅」
     新幹線の駅からは、一度改札を出て、地下道を使って道路をくぐって乗り換える       
R1509_33_2
        R1509_33.jpg
   
R1516_21_2
        R1516_21.JPG        
遠野駅
当時でもすでに珍しかった「急行」の「陸中」
      
R1514_11_2
        R1514_11.JPG        
遠野駅舎
    2階が初日の宿
        B&Bの「フォルクローロ遠野」
      

R1516_24_2
R1516_24.jpg        

駅前のポスター
「本家本元・元祖」
        という、「しつこい」表現が
        素晴らしい      
R1516_33_2 R1516_33.jpg       
R1511_15
        R1511_15.JPG
R1511_17
        R1511_17.jpg        
「遠野の城下は即ち煙花の街なり」
      
R1512_06
        R1512_06.jpg        
街は冬支度中であった
      
 
R1514_27



        R1514_27.jpg        
遠野は即ち河童の街なり
       
河童の「顔」をした交番
      
R1507_33



        R1507_33.jpg        
 
       
踏石にも河童の足跡が
      
R1510_29
        R1510_29.jpg        
遠野は亦馬の街なり
      
 
R1507_37
        R1507_37.jpg        
遠野は更に猫の街なり
      
R1511_37
        R1511_37.jpg
R1512_08
        R1512_08.jpg
 
R1510_13
        R1510_13.jpg        
山神の碑
       
こんな街中にもあった
      
R1510_20
        R1510_20.jp
R1510_19
        R1510_19.jpg
       
会下(えげ)の十王堂
どこかにルートはあるはずなのですが
この時は近づけませんでした
R1510_23
R1510_23.jpg        
会下の十王堂
別角度から
      
R1507_27
        R1507_27.jpg        
遠野昔話村
   前の川には山女魚も       
R1507_22
        R1507_22.jpg        
柳田國男が宿泊した
        高善旅館の建物
      
R1511_27
        R1511_27.jpg

R1507_08
R1507_08.jpg

谷崎の「陰翳礼賛」の世界
      
R1511_18
        R1511_18.jpg        
柳田國男が宿泊したらしい
        室名「一番」の部屋
      
R1507_06
    R1507_06.jpg        
宿の主人の常居
      
R1507_09
        R1507_09.jpg

R1511_33
R1511_33.jpg

       
庭で採れた
        柿を干していた
        庭で採れた
        銀杏は売っていた
      
R1507_14
        R1507_14.jpg        
成城から移築された
       
柳田隠居所の庭
      
     
R1515_09



        R1515_09.jpg        
古い豪農の「千葉家」
映画「遠野物語」にも出て来た家
      
R1515_03
        R1515_03.JPG
R1515_05



        R1515_05.jpg
R1515_12



R1515_12.jpg
      
R1515_10
        R1515_10.jpg
R1506_07
        R1506_07.JPG
R1506_11



        R1506_11.JPG
 
R1515_19
        R1515_19.jpg
       
砂子沢(いさこざわ)入り口の「湯殿山」の碑
       

誰が撮っても、こういう絵になりそうな所

      
R1515_21
        R1515_21.jpg
R1515_22
        R1515_22.jpg
       
「路傍に石塔の多きこと諸国其比を知らず」
      
R1515_33
        R1515_23.jpg
 R1506_15
        R1506_15.jpg        
昔曲家群で著名だったところ
今は「会下の十王堂」と同じように観光マップから消えている       
R1515_25
        R1515_25.jpg
   
R1508_03_3
        R1508_03.JPG
       
茅葺屋根の補修工事
トラックの横に書き込まれた文字に注意
        まだ、茅の生産組合があり、専門の業者もいるのが頼もしい
      
R1513_33_2
        R1513_33.jpg        
1000体のオシラサマ
      
R1513_35_2
        R1513_35.jpg        
茅葺きの曲がり家のかまど
       
燃やし続けていないと屋根の茅が腐ってしまう
      
 
R1511_03_2
        R1511_03.JPG
       
早池峰神社旧参道の鳥居
     目の前をカラスがくぐりぬけた
        でも三本足じゃなかった
      
R1508_27_2
        R1508_27.jpg
R1508_20_2
R1508_20.jpg
       
常堅寺の十王堂
        昔は、冥界と現世の境界と思われていた場所に建てたらしい       
R1508_12_2



        R1508_12.jpg        
河童淵
  本当にどうということのない、日本の小川       
R1515_26
        R1515_26.jpg        
山口のデンデラ野
      
R1515_33_2
        R1515_33.jpg
 
       
R1513__0_2
        R1513__0.JPG        
こんなところにも石搭がある
      
R1513_12
        R1513_12.jpg        
田んぼの真ん中に
        小さな祠が見えた
      
R1513_03
        R1513_03.jpg        
祠の参道らしきところには
        結構立派な鳥居が
      

    R1506_32_2
R1506_32.jpg
              

R1513_09_2
        R1513_09.jpg        
祠のところから
       
ちょっと周りを見回しただけで
        お堂やら石塔やら…
      

R1506_27_2
R1506_27.jpg
       

水車の下流にある水場
       
左右の植木はただの飾りじゃなくて、神聖な場所を示しているんだと思う
      
R1506_21_2
        R1506_21.jpg        
山口の水車
  当時も現役       
 
R1508_35_2
        R1508_35.jpg
       
「黄昏は徐に来りて包容し尽したり」
      
     
       

 

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)